人間は1分間にほぼ18回の呼吸をします。

 

4分間では18 × 4、すなわち72回です。

 

では1日では? 18 × 60 × 24ですから、25,920回です。

 

さらに、

 

724分間の呼吸数) × 6 × 60、つまり360という数を4分間の呼吸の数(72)と掛け合わせても、同じように25,920と言う1日の呼吸数を得ることができます。72 × 360です。

 

このことから次のように言うことができます。

 

4分間の間に吸ったり吐いたりする人間の呼吸のプロセスは、いわば1日を1年としたときの小さな1日のプロセスである、と。

 

人間における24時間という一日の時間は、4分間の呼吸を一日分とみなしたときの1年分だと言えます。

 

人間の最も大規模な呼吸のプロセス、それは「目覚めることと眠ることの繰り返し」です。目覚めることと眠ることは、吸うことと吐くことを意味します。

 

眠る際に人間は自我とアストラル体(感情、意識)を吐き出します。そしてそれらを目覚める時に吸いこむのです。このことを24時間ごとに1回行っています。

 

この一日のリズムを一年に直すためには360倍する必要があります。つまり一年の過程で、ちょうど一日の過程で小さく呼吸するのと似たことが行われるのです。

 

一日は4分間の360倍です。私たちが一年間に行う眠りと目覚めの繰り返しに、私たちの平均寿命、72をかけますと、再び同じ25,920と言う数を持つことになります。

 

ですから私たちは常に二重の呼吸の仕方を持っているといえます。4分間に72回、そして一日に25,920回行う呼吸と、一年間に360回、平均寿命において25,920回行う眠りと目覚めです。

 

さらに第三の呼吸をしています。それは、太陽の運行です。

 

太陽が春分の日に登ってくる起点を、1年ごとに少しずつずらしていく、ということがあります。

 

そして太陽は25,920年経過すると、黄道全体を逆回りに一周します。それ故ここでもまた25,920と言う数が太陽の宇宙周期として考えられます。(いわゆるプラトン年。)

 

私たちは平均して72年生きています。この数を一日の数に直すために360倍しますと、25,920という数を得ます。

 

私たち人間の呼吸も一日に25,920回繰り返します。

 

私たちの人生の一日と全生涯とが、宇宙全体の一年と、同じ繰り返しをしているのです。

 

人間の人生は大きな宇宙的な経過の、最も小さな単位での模造であると言えます。

 

人間は人間の生活を通して、宇宙年の経過の中に組み入れられている宇宙的人間でである、というふうに受け取ることができます。

 

全太陽系の宇宙的な生涯にとっての一呼吸は、私たちの存在の一日です。

 

そして私たち人間の72年の生涯は、太陽系を器官として持っている所の存在にとっての一日なのです。

 

人間がごく限定された存在なのだという幻想を超えて、人間という存在を一つの宇宙事象として把握したとき、

 

「私自身は宇宙の一つの呼吸である」という認識を得ることができます。

 

 

 

 

オイリュトミーとはドイツの思想家、ルドルフ・シュタイナーの創った身体技法。「言葉」と「音楽」を通して、人間の身体(ミクロコスモス)と、宇宙(マクロコスモス)の関係を探ります。

朝起きて夜寝るタイトル

こちらはオイリュトミスト 野口泉のページです