コルヴスの「密談」、『エヴリバディ・ウォンツ・サム』、グミ、歯医者さん、インド富士、0.3086mGal/m、『天国と地獄』、『インターステラー』


12月13日

コルヴスのラジオ放送室「密談」を収録。ほとんど打ち合わせなしでこれだけの内容を話せるコルヴスの二人に毎度ながら驚かざるを得ない。

12月14日

新宿武蔵野館にて、映画『エヴリバディ・ウォンツ・サム』を鑑賞。

人生は果てしない徒労だろうか?たとえそれが真実だとしても、そんなことを吹き飛ばしてしまうほどの美しい瞬間があることを、虚構であるはずの映画がいつも教えてくれる。この映画では誰もが心ときめいたであろう、無垢な時代の空気が再現されている。しかし、そんな時代を懐かしむわけではなく、今を生きている「昔若かった人たち」の足元へと一本のラインをつなげる心憎い演出のラストシーンが良い。

12月15

風邪が流行っているようだ。幼稚園でも子どもの半数がお休み。

「こんなものいったい誰が買うんだろう?」というような商品がコンビニにはあふれているが、常設販売されているということは売れているということなのだろう。普段は別段欲しいとも思わないグミを購入してみた。10年振りくらいだろうか。

先日、甲府で打ち上げの宴を開いてくださった田中さんのお宅での出来事。

素敵な食事を楽しみ、夜も更けた頃、田中さんの17歳の娘さんが、突然「グミが食べたい」と言いだした。ひなびた温泉街からほど近いところにある田中邸のこと、付近にはコンビニもなく、あいにくの寒い夜。高まり行く娘さんのグミへの欲求。ふと思いだしバックパックのサイドポケットを探るとグミがあるではないか。わたしがそっとテーブルの上にイチゴ味のグミを差し出したことはいうまでもない。

12月16日

幼稚園の冬至祭り。かぼちゃと小豆のいとこ煮、りんごなど。夜は1月の公演稽古へ。昨日のグミで奥歯の詰め物取れたため、急遽歯医者さんを予約。ネット予約はいっぱいだったが電話でなんとか入れてもらう。歯が一本短くなると、かなり短い期間だとしても歯列が移動してしまうことは経験上知っていたので早い予約が取れて一安心。

12月17日

歯医者さんで詰め物を入れてもらい、やはり歯の長さが多少変わっていたので噛み合わせの調整をしてもらう。顎関節症は頬杖をついたことからなることもあるし、何が原因がわからない、という話が興味深い。

聞こえてくる会話からするに、隣の診察台の方は重い歯周病に苦しんでいるようである。

そういえば歯磨き粉のかわりに重曹でを使うようになってどのくらい経つだろうか。歯医者さんんによると、わたしは歯石のつきにくい体質らしいとのこと。しかし以前はよく虫歯になったものだし、特別歯石がつきにくい訳ではないはずだ。

一度虫歯を放置して大変なことになった経験が身にしみていることと、やはり、重曹磨きが効いているのかもしれない。いずれにせよ歯に関しては予防が大切だ。

重曹は、ロフトのトラベルグッズコーナーで買い求めた25ml用の携帯容器から、その都度歯ブラシですくって使っているがかなり使い勝手が良く重宝している。

帰り道、高円寺駅のベッ○ーズに入ったところトイレが地獄のように汚い。開けた扉をそっと閉めた。夜の稽古まで時間があったので、駅近くのカレー屋さん「インド富士子」が開店するまでコーヒーを飲んで待つ。東小金井の「インド富士」のカレーがかなり美味しかったため、姉妹店の「インド富士子」には期待していたが「インド富士」の方が「ほかほか感」や「一皿の輝き」のようなものが格段にあるように感じた。

この日見た映画・・・

『天国と地獄』

黒澤映画を久しぶりに。もっとも感じたことは絵が重いということ。一枚一枚の画が重いパンチを受けたように効く。フィルムの力なのか?役者の力なのか、監督のこだわりなのか、その全てと、思いもよらないプラスα?横浜黄金町のヘロイン窟やダンスホールの描写が印象的。また伊勢佐木町の街並みなどは、今も当時の面影を残しているようだ。奇しくも先日、似た内容の『64ロクヨン』を見ていたので、現代と比べて当時の警察の捜査会議がとてもゆったりしたものに見える。携帯電話のなかった時代の捜査というのはこういう感じだったんだろう。捜査本部長役の志村喬が磐石の安心感を醸し出している。好きな役者だ。

12月18日

年内最後のワークショップでした。

この日見た映画・・・

『インターステラー』

見るのは3回目だが面白かった。いったい重力というものは何なのか?私がデザインをする時に使っている0.3086mGal/m(ミリガル)という名称は、日本において地球の中心からの距離(=標高)が1m大きくなるごとに小さくなる重力の値である。この名前をつけたのは、ある時、新宿住友ビルを見上げた途端、重力が外れて52階まで自分が飛び上がったような気がしたからである。それ以来世界のどこかに重力が外れてしまうポイントがあるような気がしてならない。

・ガル(英:gal、記号:Gal)は、CGS単位系における加速度の単位である。gal という名称はガリレオ・ガリレイ(Galileo Galilei)にちなむ。 地震に関連する分野ではよく用いられるが、国際単位系としては認められていない単位である。ただし、日本の計量法は特殊の計量である「重力加速度又は地震に係る振動加速度の計量」に限定してガル( Gal)および1000分の1のミリガル(mGal)の使用を認めている。(wikipediaより)

・重力加速度又は地震に係る振動加速度の計量 Gal mGal

家で使っているメガネのリムロック部分が金具ごと折れた。